事務所や店舗をMEO対策でアピール! お問い合わせは03-6677-6766まで

MEO対策は検索エンジンの味方でもある

MEO対策トップ > MEO対策は検索エンジンの味方でもある

MEO対策に必要な事とは

MEOにとって必要となる基本的な情報とは何でしょうか?
どのような集客をするか考える事がMEO対策の第一歩です。

MEOとは地域を絞り込んだローカルなマーケティング法です。
その中でどういった情報が必要となるのでしょうか

会社や店舗のコンセプト

どのようなサービスや製品があるのか

対象にしている地域

エリアをどのように、どこまで絞り込むのか

対象にしている方々

年齢・性別・職業・趣味といった集客を目指したい顧客

ホームページの構成

マップから来たお客様に簡潔でよりわかりやすいサイトを提供する

などが挙げられます。

これらがしっかりした情報として提供されていれば、顧客に「大丈夫だな」という安心感と「行ってみよう」と思う期待感を与えられます。伝えるための表現・反響を頂きやすい構成・商品や会社のコンセプトなどが挙げられます。

反響は「レビュー」によってその結果が大きく左右されるMEOにとって大きなポイントとなるのです。

万人受けを狙う前に…

あらゆる顧客の興味を惹く事が出来れば、当然大きな利益に繋がります。
しかし人は皆、価値観も違えば、趣味趣向も違うのです。
例えば、飲食店を検索するときに、「飲食店」とだけ入力して検索することはありません。
「渋谷 パスタ」「原宿 ラーメン」といったように、地域や食べたいものを具体的に
限定して検索することになります。

また、曖昧なワード検索はそれがいわゆる「ビッグワード」となってしまうのです。
「ビッグワード」とは検索において、非常に競争率の高いワードの事を指します。
曖昧であるが故に、被検索数が非常に多く、
競争率の高いワードは上位が取りづらいだけでなく、変動が激しいのです。MEOに限らず、マーケティングとしては安定した継続性を確保する事が大切です。
その為にも検索キーワードは「絞り込んだ」ものであることが理想です。

この絞り込んだキーワードであれば、地域を観点とした安定したマーケティングを行う事が可能なのです。
「ビッグキーワード」の高い競争率を勝ち抜くその労力のコストパフォーマンスを考えれば、地域限定の、密着型キーワードのほうが、効果が高く、その即効性も高いと言えます。
広くて曖昧なキーワードでは無く、ターゲットを絞り込んだピンポイントのマーケティングを行う方が集客率は大きくなるのです。

まず、ピンポイントになマーケティングとは、商品やサービスそのもののアピールだけではなく、
どのような点でメリットや優位性が同業者に対してあるのか、という事を考えなければなりません。
芯の通ったコンセプトが存在してこそ、良いマーケティングと言えるでしょう。

GoogleMapが提供したい情報を

Google Mapのサービスにおいては店舗や施設の場所を検索結果に表示することができます。
スマートフォンの普及などによってプレイス検索は一般的になりつつあります。

ちょっと近くのカフェを探したい時や、レストランで食事をしたいと言う時、
検索して上位に出てきても、どのような店か詳細が不明だったりレビューが少なかったりすれば
少なからず抵抗を感じてしまいます。

新しい顧客を開拓する時にどうしてもネックとなるのが、「その店の入りやすさ」です。

検索して上位に表示され、店内の様子などが細かく書かれた店舗なら、安心感と共にお客様は 行ってみようかと自然と心惹かれるのではないでしょうか。

また、最初に来て頂いても、リピーターとして再びご来店頂けるようなマーケティングも大切です。
初めてでも抵抗なく来て頂き、2度以上来て頂けるようなマーケティングが理想であると言えるのではないでしょうか。

店舗における手軽な新しいマーケティングとして、弊社のMEO対策サービスを是非ご検討頂ければ幸いです。 弊社のMEOサービスが、商品やサービスのより良い情報提供をお手伝い致します!

お問い合わせは03-6677-6766まで