事務所や店舗をMEO対策でアピール! お問い合わせは03-6677-0698まで

SEO対策・広告との比較

MEO対策トップ > SEO対策・広告との比較

Googleが持つシェアとは

SEO対策やリスティング広告など、聞いたことがある方も多くいらっしゃる事でしょう。
MEOも検索エンジン対策であるSEO対策に近いものではないかと思われるかもしれませんが、MEOは地域名をベースにしたマーケティング手法であり、従来のSEOとは別物と考えて頂ければと思います。

現在地図表示において最も大きなシェアを占めているのがGoogleMapです。以前はYahoo地図がトップシェアでしたが、2009年3月以降、地図サイトの利用者としては、GoogleMapがYahoo!地図を抜き、トップシェアを誇っています。現在はGoogleによる地図情報提供サービスが最も多くの人々に利用されているのです。

MEOにおけるマーケティングにおいては、実際の店舗に関する情報を提供する事が出来るということです。実店舗をお持ちの方で、そこに集客したいという方にお勧めのマーケティング手法です。飲食店に例えれば、ネット上での好印象なレビューが多く、テレビでも紹介された人気店ともなれば一度は行ってみようという気になる方も多いでしょう。価格も比較的高く、順番待ちの長い行列があったとしたら、それに見合うだけの価値があると感じている方がそれだけ多いという訳です。

お客様が情報を求めてくる

街を歩いていて広告を見かける事があると思います。その中でどれだけのものが目に留まるでしょうか。広告の掲示には多大なコストがかかり、そのコストに見合った効果があるかどうかには疑問があります。広告費をかければかけるほど、その効果があるとは限らないのです。

しかしMEO対策においては、ユーザーが必要として調べている時にタイミング良く効果的にアピールできるのです。能動的に、自分から調べて来てくださった方がお客様になって頂ける確率は、ただ掲示されているだけの広告と比較して、大きなものとなるのではないでしょうか。

お問い合わせは03-6677-0698まで